カーペット清掃はご自分で出来ます

カーペット清掃はとても大変と感じているかたが多いい用ですが、以外と簡単にご自分で出来ます。最近では清掃の洗剤や器具など手頃な料金で販売されています。それを使用してご自分で清掃をする事が出来ます。初めに染みなどが有る場合には、その部分から取り除き、最後に全体を清掃するととてもきれいに成ります。あまりにも高額な物や、広い場所にあるカーペットに付きましては当然業者に頼む事が必要ですが、家庭で使用しているカーペットでしたら、十分にご自分で清掃する事が出来ますので、試して見て下さい。洗剤などもとても良い物が出て来ています。清掃の仕方なども詳しく掲載されていますので、シミなどもご自分できれいに取る事が出来ます。家庭用でしたらあまり時間を掛けずに清掃をする事が出来ますので、一度お試しください。市販の洗剤などもすぐに購入できますので試して下さい。

カーペット清掃の方法

カーペット清掃は、フローリングや畳に比べて少しやりずらいと感じる方が多いかもしれません。しかし、カーペットには独自の手触りや心地よさがあるので、掃除の方法を覚えて是非カーペットのある暮らしを楽しんで欲しいです。日常的な掃除は、掃除機で十分です。掃除機にカーペットの掃除モードがあればそれを使って下さい。カーペットスイーパーという器具もあります。こちらは、モップタイプから黒板消しのような形まで様々ですが、電気を使わないのでサッと使うのにとても便利です。水溶性のシミができてしまった場合は、まず湿ったタオル等でシミの外側から軽くシミを移し取ります。次に、中性用洗剤をシミに添付したら、乾いたタオルを上に置きます。その上からブラシを当て、シミをタオルに移し取るように軽くこすります。最後に水をスプレーし、乾いたタオルで水を移し取り、ドライアーで乾かして終了です。

カーペット清掃ってどうやるの?

カーペット清掃というと、掃除機をかける以外に方法がないと考えがちですが、大きく分けてドライとウェットの二通りの方法があります。カーペットは起毛の間にゴミや汚れが入り込んでしまい、掃除機で吸うだけではなかなか取ることができません、最も手軽で効果が大きい方法は、顆粒状になった吸着剤を撒き、そこに汚れを吸着させてゴミと一緒に掃除機に吸い込むドライの清掃方法です。これに対してカーペットそのものを洗ってしまうのがウエットで、業者がホテル・施設などで専用の機械を使って行うものなので、一般家庭では行われることはまずありません。また、一般家庭でウエットで洗ってしまうと縮んでしまうのでお勧めできません。今では掃除機も、床面を叩いてゴミを浮かせて吸う機能を持っているものもあるので、ドライと併用することで効果的にお掃除することができるでしょう。