カーペット清掃の仕方について

カーペット清掃をしたいと思っているけれども、どのようにすればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。小さなものなら洗濯機で洗うことも可能ですが、大きめのカーペットですと洗濯機で洗うというのはなかなか大変です。しかしながら定期的に掃除をしないと、ホコリやダニが溜まりますし嫌な匂いもしてきます。そういう時に役立つのが重曹です。重曹を使えば、カーペットを手軽に掃除することが可能です。まずは掃除用の霧吹き容器に水を入れ、そこに重曹を小さじ一杯入れ、よく振って重曹水を作ります。その重曹水をカーペット全体にスプレーをしていきます。重曹水が薄く全体に行きわたるようにする事が重要です。重曹水をカーペットにまくことで、汚れが重曹に取り込まれます。それをゴム手袋やドライシートでこするとキレイに取ることができます。この方法であれば、簡単に掃除ができますので一度試してみる事をお勧めします。

カーペット清掃は、頻繁に行いましょう

じゅうたんは座り心地がよく、家族の憩いの場に敷いておくと、下の階や隣の部屋へと響く足音の軽減になり、とても重宝します。汚れをそのままにしておくと、ハウスダストの原因になる事もありますので、よくお手入れをして使いたいです。普段は、食べかすや髪の毛などを掃除機で丁寧に吸い取ったり、粘着テープで細かいゴミを取り除き、お天気のよい日は、外に干しましょう。最近は、洗える素材のラグもありますので便利です。大型のものが洗える洗濯機ネットに入れて、洗濯機で丸ごと洗えるものや、手洗いが可能な洗濯表示の素材で作られているものなど、それぞれお手入れの仕方が異なるので、あらかじめ表示を確認してから購入すると安心です。水洗い不可の素材は、カーペット清掃をお願いしたり、クリーニング店に問い合わせましょう。定期的に洗浄し、清潔を保つ事で、毎日を快適に過ごせますよ。

カーペット清掃は掃除機で逆毛を立てるように

掃除をしている時、一番面倒なのがカーペットです。本当に綺麗になったのだろうか、ゴミはすべて掃除機に吸い込まれたのだろうか、と悩むことが多いのではないでしょうか。ダニのような虫が一杯いそうで、常に気になる場所でもあります。そんなカーペットの掃除には、基本的には掃除機を使うことになるのでしょう。この時、カーぺットのパイルや毛などを、逆立てる方法で掃除すると、かなり効率の良い掃除が出来ることになります。逆毛を立て、ゆっくり手前に引っ張るように掃除機をかけることが、綺麗に掃除が出来る方法のひとつになります。また、臭いが付いている時などは、重曹を使うと良いでしょう。ただし吸引力の弱い掃除機を使う時、この重曹が取れない場合もありますので、注意が必要です。カーペット清掃をする前に、最近流行りのコロコロを使うのも良い方法です。しかし完全には取りきれませんので、最後は掃除機の登場になります。

様々な物件を管理させて頂いている実績がある為、ご要望をビル清掃作業に反映させるノウハウがあります! 日常の清掃業務はもちろん、外壁清掃や害虫駆除、貯水槽清掃まで、普段清掃が行き届かなそうな場所までしっかり対応いたします。 業者を変更する時の、ご担当者様のご負担も企業としてのリスクも当社が負担します。 清潔を保つカーペット清掃はアーネスト